マウスピースとは?【歯科矯正】経験者が費用を大公開★

マウスピースとは?【歯科矯正】経験者が費用を大公開★ 美容レビュー

 

私は子供の頃から出っ歯がイヤで、人と会話をしたり笑うときは手で口元を隠す生活をしていました。

 

せっかく人と会話しているのに話の内容が頭にぜんぜん入ってこないで口元ばかり気になっちゃうなんて、何だか人生損していますね。

 

人生たったの一度きり。

 

テレビに出る俳優さんやタレント、アナウンサーまで笑顔がキラキラしている人たちはみんな歯並びが良いんですね。

 

歯並びがいいと無意識にうちに自然と笑顔になりますし、清潔感も生まれます♪

 

出っ歯のままでも生きていけるけど、できれば綺麗な歯並びで思い切り笑って生きていきたい。

 

ですが、歯科矯正っていくらするの?めちゃくちゃ高いんじゃない?と思って色々と調べていると、ワイヤー矯正よりも安いマウスピース矯正がある事を知りました。

 

マウスピース矯正にも色々な種類があり、私は「キレイライン」を受ける事にしました。

 

ちなみに出っ歯が治った私の歯並びビフォーアフター写真はこちらに書きましたので、併せてお読み下さい♪

 

当記事では、「マウスピース矯正とは?」を知りたい方の為に、治療費や流れについて詳しくお伝えします。



 

 

いい歯医者さん選びとは?


「いい歯医者さん選びとは何だろう?」と思って、色々調べました。


私の知る限り、老舗の歯医者はご年配の先生が多くてマウスピース矯正を行っている所が見つかりませんでした。

 

どちらかというと若い先生がやってらっしゃる歯医者の方が、出っ歯の悩みなどに応えるマウスピース矯正を取り扱っている所が多かったです。

 

いい歯医者に出会うには、マウスピース矯正の実績や評判もリサーチすると良いかと思います♪

 

初診の予約

 

マウスピース矯正を取り扱う歯医者が見つかったら、治療費がいくらなのかと口コミをチェックしましょう。

 

自宅や職場から近くて通いやすい場所にするか治療費用が安い場所や口コミが良い場所にするかなど、いくつか候補をあげても良いですね。

 

因みに私は自宅からなるべく近くて通いやすい場所を選び、電話から予約をとりました。

 

この時、スムーズに治療するためにも「マウスピース矯正を希望」していることを忘れずに伝えて下さいね☆

 

いざ、歯医者さんへGO!

 

初めての診察は少しドキドキしますが、相手はたくさんの患者さんを診ているプロの歯医者さん達ですので、ご安心下さい♪

 

初診では問診票に記入してから、どこの歯並びをメインに治療したいのかをしっかり伝えましょう。

 

歯医者さんの候補をいくつかあげている場合は、「治療費がいくらなのか」や「出っ歯を治せるのか」など治療期間を聞いてから検討する事もできます。

 

初めての診察を受けた歯医者さんで確実に治療を受けない場合は「マウスピース矯正をするか少し検討してから改めてお電話します」と先生か受け付けのスタッフに伝えて、自宅でじっくり検討しましょう。

 

治療を受ける歯医者さんが決まってからは、「マウスピース矯正とはどういう治療なのか」の流れをしっかり説明して頂いて、レントゲン写真の撮影やシリコンのようなもので歯型をとったり、デジカメで歯並びの写真撮影などをします。

 

レントゲン写真では、ピアスやイヤリング、ネックレスなどのアクセサリーや金具のついたヘアゴムなどは予め外しておくとスムーズに撮影できます。

 

歯型をとる時はシリコンが口内にめいいっぱい入るのでやや窮屈に感じますが、型取りまで5分程度で済みますのでご了承下さいね。

 

この最初の1回目だけやる工程が多いので時間は2時間ほどかかりましたが、それ以降は基本的に検診なので30分以内に終わる事がほとんどです。

 

いよいよマウスピースとご対面♪

 

歯医者さんでとった歯型を元に約一週間後まちに待った自分専用のマウスピースが作られます。

 

自分専用のマウスピースって、なんだかめちゃくちゃ贅沢な気分でテンション上がりますし、自分の骨格や歯型にぴったりフィットして最初は感動しますよ~♪

 

マウスピースの色は透明なので見た目も分かりにくく生活しやすいですし、普通に会話もできてミネラルウォーターでしたら装着したまま飲めます。

 

その後、約1ヶ月おきに新しいマウスピースに変えていき、少しずつ出っ歯が矯正されて綺麗な歯並びになっていきます。

 

マウスピース装着(ソフト)

 

私が治療を受けた「キレイライン」の場合、ソフトを2週間装着したあとハードを3週間装着のペースが多かったです。

 

ソフトマウスピースとは、柔らかくて手で力を加えると簡単に曲がるので、外す時には無理やり曲げたりはしないようにしましょう。

 

装着時に噛んだり、歯ぎしりをすると割れたり穴が空いてしまう事もあるそうですのでご注意下さい。

 

キレイラインではマウスピースが破損してしまうと追加料金で作り直ししなければならないそうなので、「破損した場合はいくらかかるのか」も予め聞いておくと良いと思います。

 

自覚のある方は横向きに寝るなどして歯ぎしり防止を心掛けましょう。

マウスピース装着(ハード)

 

ハードマウスピースとは、ソフトに比べるとやや硬いものの、同様に手で力を加えると曲がるので割らないようにご注意下さい。

 


装着する時はソフトに比べて固いので少しきつく感じますが、1時間もすると慣れてきてそこまで違和感もなく装着できました。

 

 

拡大床をつける場合も

 

歯並びや矯正具合によりますが、拡大床という器具をマウスピースの上から装着する場合があります。

 

出っ歯を矯正するには、この拡大床を付けることがとっても大切です☆

 

拡大床(かくだいしょう)とは?

 

拡大床とは、歯並びを綺麗なアーチ状に少しずつ広げる器具です。


真ん中にある小さな金具を専用の細い棒で回して歯並びを少しずつ広げていきます。

 

私が治療を受けている歯医者さんでは、歯が重なった部分を手作業でヤスリをかけてくれて肉眼ではほぼ分からないくらいの隙間を埋めていくように拡大床を装着して一週間に0.1ミリずつ広げていきます。

 

私の場合は下あごが小さく、上の歯よりも下の歯に拡大床を装着するとき痛みを感じました。

 

拡大床はマウスピースの上から拡大床を着ける時に隙間なくズレないようにしっかりとはめ込まなくてはならないので、多少の痛みがあっても我慢していましたが、もしかしたら小さなお子様には慣れるまでが大変かもしれません。

 

私は一度、拡大床の金具が歯茎にぶつかって出血してしまい、歯医者さんへ行くとその場で直ぐ調整してくれたのでそれ以降は歯茎にぶつかる事無く装着できました♪

 

出っ歯だった私は上の歯の拡大床は外れやすかったので慣れるまで装着するのにコツが必要でしたが、何日か装着するうちにコツも掴めて外れにくくなったので、歯並びや骨格など人それぞれによって拡大床装着のコツが必要です。

 

早く綺麗な歯並びになるようにできれば少しでも長い時間装着するべきですが、拡大床を着けると会話がしにくいので、仕事や外出の場合を除いて最低でも就寝時には必ず装着すれば大丈夫だそうです。

 

拡大床を装着していると器具が口の中に入っているわけですから会話に違和感ができてゴモゴモ籠った声になるので、たとえマスクをしていたとしても人との会話は少し恥ずかしいのでおすすめできません…。

 

歯医者によってプラン名は色々

 

マウスピース矯正治療を取り扱っている歯医者さんとそうでない歯医者さんがありますので、ネットで「受けたい地域名 マウスピース矯正 いくら」と検索すると、取り扱う歯医者さんのホームページが表示されると思います。

 

受けたい歯医者さんが見付かったら、念のためマウスピース矯正はやっているかの確認していくと安心ですね。

 

 

マウスピース矯正の種類

アソアライナー

アソアライナーとは、アソインターナショナル社の製品で、2010年から現在では数十万の症例数があります。

 

2005年に韓国の歯科医師が開発したクリアアライナーとライセンス契約、クリアアライナーを提供していましまが、ライセンス契約が切れると同時に独自の製品としてアソアライナーを開発。

 

適応症は限られていて主に前歯の歯列不正を対象としています。装着時間はインビザラインと同様に通常月に1回程度の来院が必要でです。

 

最近デジタル化対応もして、口腔内スキャナーでの型採りが可能となりました。シミュレーションは作成可能ですが、静止画でです。

 

また、マウスピースの枚数によって料金が違います。

 

クリアコレクト

 

クリアコレクトとは、2006年アメリカで始まり日本には2019年1月から導入されました。

 

インビザラインの後発で、開発者はインビザラインを提供するアラインテクノロジー社の元社員です。

 

2017年にインプラント大手のストローマンの子会社で今後の発展が期待されます。

 

症例数は全世界で100万症例に届こうとしています。

 

インビザラインと同様症例の制限はなく、使用時間や価格も同等です。来院頻度はインビザラインよりは多いです。

 

アクアシステム

 

アクアシステムとは、アメリカの大学で客員教授の日本人歯科医師が2002年に開発しました。

 

数万の症例があり、比較的簡単な症状が対象です。

 

装着時間は症状や患者さんの生活環境によって様々です。

 

手作業でマウスピースを作成するので費用は比較的安いものの月1回程度の来院が必要です。

 

来院ごとに型採りを行い、画像シミュレーションの作成はできません。

 

キレイライン

 

キレイラインとは、2017年に日本で始まったマウスピース矯正です。

 

現在では4000程度の症例があり、対象は前歯部の軽度の歯列不正で、インビザラインと同様の使用時間が必要です。

 

来院頻度は月1回程度で、画像シミュレーションの作成はできません。

 

マウスピースの枚数によって費用は変わることもあります。

 

スターアライン

 

スターアラインとは、ドイツで開発され、日本には2013年に導入されました。

 

数万の症例数があり対象となるのは前歯部の軽度の歯列不正です。

 

装着時間は18時間以上に設定されていて、動画シミュレーションの作成が可能です。

 

費用はマウスピースの枚数によって異なります。

 

DENマウスピース

 

DENマウスピースとは、1998年に福岡県の歯科医師が独自に研究を行い開発され、2010年に商標登録がされました。

 

3000以上の症例があり適応症は広いが重度の不正咬合には対応ができません。

 

装着時間は8~10時間と少なく、2週間毎の来院が必要です。

 

その都度型採りを行い、技工士が手作業でマウスピースを作成。画像シミュレーションの作成はできません。

 

 

マウスピース矯正はいくら?

 

出っ歯を矯正するためにマウスピース矯正をした私が「実際にかかった金額」をお伝えします。

 

ずばり、治療費は○○万円!!

 

私が受けたマウスピース矯正のキレイラインは、ずばり45万円でした!

 

私がネットで見かけたキレイラインのサイトには「初期費用2万円~治療できます♪」というキャッチフレーズで、歯医者さんにも同様のポスターや広告が貼ってありましたが、まぁ、実際にはこんなもんでしょう。

 

歯並びは人それぞれですし元の歯並びによってマウスピース矯正の費用や期間も変わってきます。

 

ちなみに私が治療を受けた歯医者さんではクレジットカード払いができましたので、治療を受ける歯医者さんが決まったら支払い方法も確認しておくと安心ですね。

 

ワイヤー矯正に比べてかなり安い

 

歯科矯正っていくらするの?高いんじゃない?と思っていました。

 

ワイヤー矯正は100万円前後と高額ですが、マウスピース矯正はそれの半額以下でできるのが魅力的です。

 

マウスピース矯正の治療期間とは?

 

歯並びによって人それぞれですが私の場合は約1年半です。

 

しかも、コロナ渦の今はマスク生活が当たり前ですので、元から目立ちにくいマウスピースですがさらに全く人に気付かれる事もないですよ★

 

 

人生一度きり♪

マウスピースとは?【歯科矯正】経験者が費用を大公開★

 

今回は、「マウスピース矯正とは何ぞや?」といった疑問に詳しくお答えしました。


「歯を治したいけど、マウスピース矯正っていくらするの?」という悩みにお応えできていると嬉しいです。

 

歯並びを気にせず、人前で思い切り笑ったり会話できるって楽しい☆

 


この記事は、マウスピース矯正をご検討の方や出っ歯など歯並びが気になるお子様の親御様のお役に立ちたくて書きました。

 

私は中学生くらいの時に歯科矯正できていればもっと楽しい人生が送れたんじゃないかな~なんて思いますが、学生の頃はマウスピース矯正なんてものは全く浸透していなくてワイヤー矯正が主流でした。

 

見た目が重視な年頃の中学生や高校生は銀色の金具が目立つワイヤー矯正を好まず、結局それでガチャガチャな歯並びのまま、中学生、高校生、大学生、と一番楽しい青春時代を終わらせてしまったのです。

 

あぁ、後悔・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

だからこそ、皆さんには私と同じ後悔をしてほしくない!と本気でそう思います。

 

今の時代は、目立ちにくくて取り外し可能なマウスピース矯正があります☆

 

一度きりの人生。思い切り笑っていきましょう!

 

「今すぐできること」をまとめた自分磨きついてはこちらに書きましたので、宜しかったら併せてお読み下さい。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました